2007年01月20日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『マネー革命―NHKスペシャル (1)』4

相田 洋、NHK取材班 宮本 祥子著 2007年1月20日発行 1176円

マネー革命―NHKスペシャル (1)

1998年に放映され、1999年に全3巻の単行本として出版されたものが、このたびNHKライブラリーとして出版されました。サブタイトルに「巨大ヘッジファンドの攻防」とあるように、第1巻はヘッジファンドがテーマとなっており、ジム・ロジャース、ジュリアン・ロバートソン、ビクター・ニーダーホッファーなどの著名投資家のインタビューが含まれています。TVの取材らしく、自宅まで行ってインタビューをおこなっており、インタビューの内容よりもむしろ自宅の雰囲気などの描写が興味深く読めました。

1998年といえば、まだヘッジファンドやディリバティブという言葉もまだあまり一般的には知られていなかったと思います。金融工学を駆使して市場に直接つながったコンピュータによって取引をするということなどは、当時としてはどこか遠い世界の内容だったと思います。今では家庭のパソコンから先物、オプション、為替、商品など国際取引が容易に可能となっており、10年も経っていないのにまさに隔世の感があります。そのような意味では、本書は当時よりも現在の方が一般的な価値が出てきていると思われます。

「1日で50億円を失った天才トレーダー」のタイトルで、ビクター・ニーダーホッファーへのインタビューが1章をさかれています。いくら天才的なトレーダーでも、やはりレバレッジをかけた取引は市場から退場させられてしまうということを痛感します。

いまのところ、日本では新聞ネタになるようなトレーディングで巨額な損失うんぬんといった話は聞かれませんが、今後取引が資産運用の方法も巨大化・多様化することが予想されるため、似たような話が世間を騒がせるようになるのではないかと思います。



investmentbooks at 23:57│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--投資一般 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ