2007年03月19日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『なぜ株式投資はもうからないのか』4

保田 隆明著 2007年3月22日発行 700円(税抜き)

なぜ株式投資はもうからないのか

ソフトバンク新書の新刊です。著者は複数の外資系証券会社で数年にわたりM&A、資金調達アドバイザリー業務を手がけたという経歴があります。現在はベンチャー投資を行いながら、マスコミでも活躍中です。ブログもあります。

本書のタイトルを正確に表現すると、「なぜ小口の個人投資家による株式投資はもうからないのか」です。小口の個人投資家がもうからない理由を、さまざまな角度から解説しています。

  • おいしい話はまず金持ちや機関投資家に伝わる
  • ふつうの人には感情や心理のコントロールは困難
  • 売買や販売の手数料がかかる
  • 失敗に懲りない

以上が大まかなものですが、本書では新興市場の問題点などについても詳しくふれられています。

また、時代の流れに沿った、ここ数年の負けないための投資戦略についても書かれています。キーワードだけを挙げると、投資ファンド、MBO、TOB、親子間上場、配当です。

本書ではほとんど述べられていませんでしたが、逆に個人投資家が機関投資家に比べて有利な点もあります。「なぜ株式投資はもうかるのか」というタイトルで本が書けるかもしれません。

ちなみに、個人投資家が有利な点は、

  • 効率化されていない時価総額の低い銘柄に投資できる
  • 完全に自己判断で投資でき、銘柄選択についての説明責任がない
  • 投資をしない状態でもよい
  • 一定期間ごとに評価されるというプレッシャーがない

などがあります。

個人投資家では短期間で資産を数百倍にした人はいますが、機関投資家では聞いたことがありません。個人投資家は数多くの負けている人と少数の勝っている人、そしてごくわずかに存在する信じられないくらいに勝っている人がいます。

本書は、市場の現実を知り、数多くの負けている投資家にならないための本です。負けないためには、本書の内容を知った上でのさらなる心理や感情のコントロールが必要です。



investmentbooks at 22:27│Comments(2)TrackBack(1)clip!本--株式投資 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. なぜ株式投資はもうからないのか:コメント、トラバください  [ ちょーちょーちょーいい感じ ]   2007年03月25日 15:14
著書「なぜ株式投資はもうからないのか」に関して、コメント、トラックバックをしてい...

この記事へのコメント

1. Posted by ちょう   2007年03月23日 01:49
1日1冊って、すごいですね。

>個人投資家では短期間で資産を数百倍にした人はいますが、機関投資家では聞いたことがありません

それはありますよね。他人の金で勝負できる範囲(取れるリスク)には限界がありますものね。一か八かができるかできないかは、リターンに相当大きな違いをもたらしますよね。

トラバ、ありがとうございました!!
2. Posted by bestbook   2007年03月24日 21:26
著者ご本人よりコメントいただきありがとうございます。

本書とほぼ同時期に発売された『M&A時代 企業価値のホントの考え方』を現在読んでいる最中です。

読み終わりましたら、ブログで紹介させていただきます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ