2007年05月06日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『ざっくり分かるファイナンス』5

石野 雄一著 2007年4月20日発行 720円(税抜き)

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務

著者は、銀行に勤務してMBAを取得後、日産自動車の財務部に所属、日産の立て直しの時、ゴーン社長の下で現場にいらっしゃったようです。現在はコンサルタント業務をされているようです。

過去に以下の著作もあります。

道具としてのファイナンス

以前に購入しましたが、エクセルを用いて実際の作業をしながらファイナンスを学ぶ内容になっており、非常によい本でした。

今回の本は、新書ということもあり、内容的には前著と比べるとよりわかりやすく書かれています。ファイナンス理論の本質的な部分に焦点が絞られており、記述も明快です。

「CAPM理論」、「現在価値」、「企業価値」、「NPV法」、「MM理論」などの現代ファイナンス理論の中核をなす概念を軸に解説されており、これらの概念を本質的に理解したい方であれば、本書はくりかえし理解できるまで読む価値があると思います。

企業の資本政策や株主や債権者から見た企業の価値などについても述べられており、企業をキャッシュフローを生み出すものとして理解することができます。

実際の経営や投資はなかなか理屈通りにはいきませんが、やはりファイナンス理論を知るのと知らないのでは企業経営や株式投資において大きな違いが出てくることでしょう。



investmentbooks at 23:17│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--ファイナンス理論 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ