2007年06月11日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『右脳でわかる! 会計力トレーニング』4

田中 靖浩著  2007年3月23日 800円(税抜き)

右脳でわかる! 会計力トレーニング

著者は外資系コンサルティング会社を経て、現在は公認会計士事務所を開業され幅広く活躍されています。会計に関する一般向けの分かりやすい本を過去に数多く出版されており、何冊かの本を読んで面白く勉強させてもらいました。

本書は出版されて少し経ちますが、本屋で目立つこともあり、気になっていた本でした。タイトルに「右脳でわかる!」とあるように、財務3表とその分析方法をイメージで捉えるためのトレーニングをする内容になっています。

本書が「右脳でわかる!」本とすると、昨日紹介した本は、「左脳でわかる!」本になります。本書と合わせて読むと、より理解が深まるかもしれません。

ビール会社、デパート、テレビ局などなど誰もが名前を知っている企業の実際の財務データが例に挙げられており、親しみが持てる構成になっています。

実際の決算書は数字が書かれており、最初は本書に書かれているように、イメージではすぐに理解できませんが、本書を読むと、数字からどのようなイメージを持てばよいかについての手がかりにできると思います。

大部分が見開きによるクイズ形式でのトレーニングになっていますが、個人的に印象に残ったポイントとしては、

  • テレビ局は自己資本比率が高い
  • 電機大手は剰余金が少なく、負債の比率が高い
  • 異業種の比較は売上げより利益の方が望ましい

などがあります。全体的には、初級者〜中級者向けの内容に仕上がっています。

問題については、プロ野球、食品会社アパレルなどにについては、あまりよく業界のことを知らないため、正解できなかった問題もそこそこあり、自分の知識の偏りを再確認できました。



investmentbooks at 23:28│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--会計 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ