2007年06月24日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『頭の回転が50倍速くなる脳の作り方』5

苫米地 英人著  2007年6月24日 1365円(税込)

頭の回転が50倍速くなる脳の作り方~「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法~

脳機能学者である苫米地英人氏の最新作です。

最近の氏の本は、わかりやすさと実用性に主眼が置かれているようですが、個人的には、以前に7年くらい前に出版された洗脳についての専門的な内容の本も面白かったように思います。仏教でいうと、以前の著作は上座部、最近の著作は大乗に喩えられます。

本書ではクリティカルエイジという言葉が出てきます。この言葉の意味は、「遺伝的に決まっているそれぞれの機能の発達の年齢」ということです。言語では8〜13歳くらいまでだそうです。中学生になってから英語を学んでも、母国語のように話せるようにならない理由です。

本書では「クリティカルエイジを克服する方法」が述べられています。ポイントとしては、日本語脳を活性化させることなく英語を学習することですが、具体的に方法が書かれています。氏の以前の著作にもあったように、「抽象度を上げる」ということが大切なようです。一部の方法としては、以前から「英語のシャワーを浴びる」などどいうことは言われていました。

個人的には、本書の方法であれば英語の学習効率は上がるとは思いますが、母国語と同じ感覚を得るのはさすがに難しいような気もします。

脳の能力を高めるためにリラックスすることが必要ですが、そのための身体的技法についても書かれています。本書では、英語から入っていますが、実はどんなことにおいても効率的に学習する際に必要とされる技法です。

今までの本にもあるように、「共感覚をつくる」「抽象度を上げる」ということが根本的に重要ですが、これらの技法は昔から武術や宗教の伝統的な技法として存在していたものです。一部の人たちしか知り得なかったこれらの方法を、現代科学のフィルターを通してわかりやすく表現していることに、本書の意義があります。



investmentbooks at 23:53│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--自己啓発 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ