2007年07月13日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『株式市場「強者」の論理』5

中原 圭介著  2007年7月8日  1470円(税込)

株式市場「強者」の論理

ここ最近次々と株式投資の本を出している中原圭介氏の本です。氏の本は、市場における需給関係や心理的なトピックがテーマになっていることが多く、実践的で参考になるものが多いです。

本書では、機関投資家などの大量の資金を有している「強者」のやり口を解説しながら、市場が弱小の投資家にとっては不利にできているということを説明しています。外国人投資家が日本株のトレンドをつくっているため、そのトレンドに乗ることが重要であるといういままでの主張は同様です。

全体を通して、個人投資家にとっての市場の厳しさについて解説されています。まずは目の前の現実をしっかりと認識することが重要です。株式投資は自己を厳しく見つめる作業であるということがよく分かります。

個人投資家の対抗策について具体的に書かれていますが、まとめると以下のようになると思います。

  • リスクのコントロール
  • 心理のコントロール
  • 強者のやり口の把握
  • 市場の理解
  • トレンドの見きわめ

これらをふまえた上で、最後に資産を数十倍にする方法について書かれています。大相場のときにリスクを見きわめながら大きく勝負するということですが、チャンスを捉えるためにも、市場の理解と日々の心の鍛錬が必要なようで、やはり株式投資は甘い世界ではありません。



investmentbooks at 22:57│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--株式投資 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ