2007年07月27日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『100億円はゴミ同然』4

坪井 信行著  2007年7月30日  756円(税込)

100億円はゴミ同然―アナリスト、トレーダーの24時間

幻冬舎新書の新刊です。タイトルは刺激的ですが、内容は外資系金融機関を渡り歩かれた著者が、アナリストやトレーダーなどについて業界内部の視点から解説されています。

本書を読むと、業界にはどのような職種があり、それぞれがいかなる位置を占めているかなどについて大まかなところは理解できるようになっています。現場でどのような能力が必要とされるかについても書かれており、外資系金融機関で働こうと思っている方が読むと参考になる内容です。

投資的には、証券アナリストとしてどのような基準で企業を見ていたかという著者の視点が参考にはなりますが、著者も書かれているとおり総論的な内容です。

また、短期間ですが著者がデイトレを行われていたときの体験も書かれています。こちらについても、どちらかというと総論的な内容です。

新書という本の性質もあると思いますが、全体的に紹介的な内容が多くなっており、本書の役割は業界について浅く幅広く紹介するというところにあると思われます。

著者の経歴から考えると、もう少しテーマの焦点を絞って深い内容の方が本としては面白いものになっていたかもしれません。そのあたりについては、次回作に期待したいところです。



investmentbooks at 23:43│Comments(3)TrackBack(0)clip!本--投資一般 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 坪井信行   2007年08月05日 00:02
5 著者の坪井信行です。
ブログで取り上げていただき、まことにありがとうございます。
ご指摘の通り、本書は総論的な比較的幅広い紹介を目的としたものです。

実は、次の本については、会計の入門書を予定しています。現在、鋭意執筆中です。こちらは、ビジネスパーソンの会計リテラシー向上というテーマで書いているものです。

その次の著作として、投資関連の書籍を考えています。まだ、企画を詰めている段階ですが、今年の年末ないしは来年早々には刊行したいと思います。テーマを絞り込んでというご意見も参考にさせていただきます。

今後ともよろしくお願い致します。

坪井信行
2. Posted by bestbook   2007年08月05日 01:46
著者よりコメントいただきありがとうございます。

リンクされている御著書のブログを拝見いたしましたが、発売早々売れ行きがよいようですね。ブログにも書かせていただいたとおり、本書は総論的に読みやすくよい本であると思います。

もっと深い内容の本もお書きになれるのではないかと想像して、僭越ながら上記のように紹介させていただきました。

会計の入門書、投資関連の書籍両方とも楽しみにしています。
3. Posted by 坪井信行   2007年08月05日 12:26
早速のフィードバック、ありがとうございます。

率直なご意見、ご感想こそが、著者にとっても一番嬉しいものです。

ご期待に沿えるよう、執筆活動に励みます。

お忙しいとは思いますが、お時間のあるときには、私のブログにもまたご訪問下さい。

何卒よろしくお願い致します。

坪井信行

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ