2007年08月27日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『ダメなら、さっさとやめなさい!』4

セス・ゴーディン著  有賀 裕子訳  神田 昌典解説

2007年8月30日発行  1260円(税込)

ダメなら、さっさとやめなさい! ~No.1になるための成功法則~

マーケティングで著名なセス・ゴーディンの新刊です。原書も今年出版されており、新しい本です。

本書はマーケティングの本ではなく、タイトルからも想像できるように、物事の撤退の仕方について書かれている本です。

著者は、No.1になることには圧倒的な価値があると主張されており、そのためにはなるべくその目的からはずれるものは、やめるべきであると書かれています。また、全く逆の主張にも思われますが、やるべきことについては、困難にめげずとことん頑張って努力するべきとも書かれています。

「世界の頂点に立てない七つの理由」を以下のように挙げています。

  1. 途中で時間切れになる
  2. 途中で資金が底をつく
  3. 途中でおじけづく
  4. はじめから本気ではなかった
  5. 興味や熱意が冷め、「ほどほどでいい」と割りきる
  6. 長い目で考えずに、目先のことばかりに気を取られる
  7. 間違った分野で頂点を目指そうとする

実際には、どこで粘って、どこで引くかということは、投資と同じくその途中ではなかなか難しいことが多いと思います。株式投資でも、早めに損切りをしたほうがよいという考え方もありますし、著名な投資家でナンピンを勧める人もいます。

一般的には、過去にこだわって損切りをすることの方が心理的に難しいことが多いと思われるので、本書も撤退の重要性を強調しているのでしょう。

どのタイミングで頑張り、どのタイミングで撤退するかについては難しいのですが、神田昌典さんが解説で、春夏秋冬理論を一つの方法として述べています。



investmentbooks at 23:14│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--自己啓発 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ