2007年11月07日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか?』5

杉村 昌孝著  2007年10月18日発行  1500円(税込)

なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか?―お役所系集団に口コミで売り込む方法

以前このブログで紹介した、以下の本の続編です。

客が客を呼ぶ「集団感染」のスゴイ仕掛け―ゼロから売上900億円つくった私の方法論

著者が「みじめさのどん底」で「あほになりきって」試行錯誤しながら体得された口コミマーケティングのノウハウが、余すことなく述べられています。前著と比べてより具体的であり、人間心理への洞察が深みを増しています。出版社もビジネス書大手のダイヤモンド社となり、著者名も本名になっています。

著者がよく言われている、「あほになりきる」というのは、エゴを無くすということであり、求道的な印象を受けます。

本書での具体例は、役所に対してダイレクトメールを用いた口コミマーケティングにテーマが絞られています。対象となった商品は住宅ローンです。クレームの処理の仕方なども具体的に書かれています。

この本を読んだ数多くの方が、役所に対して本書と同様のマーケティングをすると、役所の現場が混乱してしまって、同じ方法は使うことができなくなるかもしれません。それくらいインパクトのある方法です。しかしながら「あほになりきる」のは誰でもできることではないので、意外にそのようなことにはならないかもしれません。

同じ方法が使えなくなったとしても、本書の根底に流れる方法論や心構え、人間心理に対する洞察には普遍性があるため、マーケティングに関心のある方には有用な本です。

コミュニティ口コミビジネスの観点から、人間の心理について以下のように考察されています。

  1. 既存の権威、価値観、常識にすがりつきたい
  2. 自分の欲するラベル、レッテルを貼って欲しい
  3. 自分の重要性を満たしたい、何があっても自分の価値を認められたい
  4. 孤独、実存の不安から、癒されたい、共感してほしい、秘密を共有したい

これらの心理の根底には、人間存在の不安定性にある根源的不安があるようです。本書を読むと感じるのは、著者が自分自身の中にあるこれらの心理を超越する過程において著者独自のマーケティング手法が生み出されたのではないかということです。

本書を取りあげたのは、著者ご自身からコメントをいただいたことがきっかけになっています。コメントをいただくことがなければ、もう少し取りあげる時期が遅くはなったかもしれませんが、たとえそれがなくてもブログで紹介していたことでしょう。



investmentbooks at 23:57│Comments(5)TrackBack(0)clip!本--マーケティング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 著者の杉村です   2007年11月10日 22:04
先生

書評ありがとうございます。やはり先生の書評は、恐ろしいほど、本書の本質、私の心の奥深くを見透かされています。

先生の書評は、いつも、ズバッと人間存在の本質、こころの深遠からの切り口で書かれていることが多く、あっと気づく事が非常に多いです。

今後とも、卓越した書評拝見しております。何卒よろしくお願いいたします。

本当にありがとうございました。
2. Posted by bestbook   2007年11月14日 23:08
著者より、コメント&御評価いただきありがとうございます。

今後の御著書の売れ行きを、楽しみにしつつ見守らせていただきます。

次回作があるようであれば、それも楽しみにしております。
3. Posted by 杉村晶孝(著者)   2008年11月25日 15:33
いつも書評を拝見いたし大変感心しております。また拙著にもいろんな人が書評かいていただきましたが、その中で最も的確な私自身が気づかなかったことまで書評に表現いただき深謝いたします。

また12月に新刊 明日香出版社 『やる気になったあなたが成功するために本当に必要なこと』―こころの集団感染のワナをぶっこわせー予定しています。編集者の紹介文は→

人がどう思うかなんて関係ない!
大切なのは自分の心を自縛から解き放つこと。
 
人の目が気になってなかなか思うようにいかない、本当の自分が出せない、そんな方に読んでほしい一冊。本文に仙人が登場し、読者のココロにある言い訳などを関西弁でときには面白く、ときには厳しくつっこみます。中国思想、哲学、仏教の教え、様々な思想を著者独自の言葉で展開。読んだ後にはエネルギーがわいてくるはずです。

是非先生にご献本させていただきたいのですが、いかがさせていただきましたらいいでしょうか?
大変お手数ですが拙著の奥付に私のメールアドレスがあります。(ここでかけないのはロボットが自動的にひらって迷惑メールがおおいからです.大変失礼なこととは存じています。お手数ですが、ご住所等いただければ幸甚です。

香港や丸紅でのビジネスのどつぼでどうやってよみがえったかを仙人の説話等で書いています。
よろしくお願いいたします。
4. Posted by bestbook   2008年11月26日 01:54
著者よりコメントいただき、ありがとうございます。書評についてご評価をいただき、大変嬉しく思います。

杉村様の最初の著書は、初期の頃に紹介させていただいたこともあり、大変印象深く記憶に残っております。また、献本のご提案についてもありがとうございます。

ご提案をいただき、誠に申し訳ないのですが、本ブログでは、現在のところ献本は遠慮させていただいております。

今までお書きになった本の内容と、お書きになっている新著の内容紹介より、新しい御著書も内容が充実していることについて確信しておりますので、新著につきましては自分で購入させていただきます。

思想的な内容が多いとのことで、非常に楽しみにしています。
5. Posted by 杉村晶孝   2008年11月26日 07:24
BESTBOOK様 本当にありがとうございます。今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ