2008年01月29日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『「1秒!」で財務諸表を読む方法』5

小宮 一慶著  2008年2月7日発行  1575円(税込)

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

本書もまだ画像が取得できません。経営コンサルタントである著者の『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』は、今月始めに五つ星の本として紹介しました。

前作はビジネスを通じてのものの見方について書かれた本でした。少しだけ財務諸表の話も出てきましたが、前作を読んだとき、著者のビジネスの数字についての具体的な見方を知りたくなりましたが、まさに本書にそれが書かれています。



タイトルはキャッチーで、やや安易そうな印象を受けるかもしれませんが、内容は非常に充実しています。財務諸表の読み方や、管理会計のポイントについて無駄のない解説が、ビジネスの現場の知恵に基づいてなされています。

本書は、トヨタや花王など上場している大企業の財務諸表や、外資ファンドに狙われやすい特徴を備えた企業のバランスシートについてもわかりやすく解説されています。実際に中小企業の経営に携わっている方が読むと、さらに得るところが大きい本であると思います。

日本の財政を一般企業の財務諸表のように解説されている部分なども、オリジナリティがあり興味深く読めました。

一般的なビジネスパーソンは、本書に書かれている内容について理解して、現場で自分の頭で考えて応用できれば十分なのではないでしょうか。著者も書かれているように、簿記の細かい仕訳などは必要なさそうです。

本書では財務諸表について一通り述べられているのですが、もっとも充実しているのはバランスシートの部分です。ページ数では全体の五分の一程度ですが、はじめにあるこの章を読むだけでも本書は十分元が取れると思います。

財務三表はいずれも重要ですが、やはり一番重要なのはバランスシートではないでしょうか。バランスシートの中には、企業の過去から現在までのあいだに蓄積されたものが詰まっています。本書も一番最初にバランスシートについて書かれているのは、偶然ではないでしょう。



investmentbooks at 23:44│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--会計 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ