2008年04月14日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『決算書の謎』4

矢野 雅己著  2008年4月10日発行  840円(税込)

決算書の謎―財務諸表に隠された謎の数字を追え! (MONEYポケットブック 2)

アマゾンで画像がまだアップされていません。本書は会計士の方が書かれた本で、有価証券報告書の読み方について、実際の有価証券報告書を引用しながら解説されている本です。

最後のまとめの章を除くと、本書は大きく3つの章に分かれています。第一章は、決算書本ではよく採りあげられる内容ですが、ニッサンのV字回復について、第二章は出版社4社の、第三章はアパレル業界3社の比較になっています。



第二章で比較されている出版社は、幻冬舎ベネッセコーポレーションゼンリンスターツ出版です。リンクはヤフーファイナンスへのリンクになっています。すべて上場している出版社ですが、それぞれの企業のあり方や戦略の違いについて、有価証券報告書にある決算書を参照しながら解説されています。

本は好きなので、出版業界の分析には興味がありました。本書を買った理由の一つに、出版業界について解説されていたということがあります。

第三章のアパレルの会社は、ユニクロ(ファーストリテイリング)しまむら三陽商会の3つです。第二章と同様に、有価証券報告書から業態の分析がされています。

本書では株価と関連させた分析はあまり出てきませんが、本書が書かれている頃の株価と現在の株価をと比較すると、アパレルの会社はやや上向きですが、出版社はあまり上向いていないようです。

本書の面白いところは、企業の分析を有価証券報告書の情報からのみ行っているところです。著者もあとがきで「事実と違う推理をしていることもあり得る」と書かれています。

一番最後に、「有報読みこなしのポイント」がまとめられています。

  • 過去の傾向と、未来への志向性を読み解く
  • 同じ業種で比較する
  • 株主構成を見る
  • [経理の状況]の見方
  • 読んだときに感じた「違和感」を大切にする

有価証券報告書を読んで「違和感」を感じるくらいになれば、投資銘柄を発掘できるようになるのではないかと思います。バフェットが投資銘柄を選ぶ方法も、基本的にはアニュアルレポートをひたすら読むことであるという話もあります。



investmentbooks at 22:48│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--会計 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ