2008年08月19日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『タクシー王子、東京を往く。』4

川鍋 一朗著  2008年5月30日発行  1418円(税込)

タクシー王子、東京を往く。―日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」

書評ブログ『活かす読書』で「本当に面白かった!」と紹介されていたので読んでみましたが、紹介通り面白い本でした。本書の著者は大手タクシー会社である日本交通の社長さんです。社長さん自らがドライバーの体験をされた一ヶ月のことをまとめています。

大和自動車日本交通帝都自動車国際自動車の大手タクシー四社は、まとめて大日本帝国と称されますが、本書にある日本交通はそのうちの一つです。



本書の著者は社長といっても、まだ30代の方です。アメリカでMBAを取得された後大手コンサルティング会社で勤務され、経営状況が厳しかった家業のタクシー会社を建て直されたそうです。

本書の面白さは、社長自ら現場の最前線に単独で出るというところにあります。普通は社長が現場に出るにしても、多くの社員に囲まれた状態ですが、タクシードライバーという形態は、ほぼ一人で現場に出ないといけません。

また、ほとんどの人がタクシーを利用したことがあるため、その業界の現場における内部事情が書かれているということも、面白さの要因としてあると思います。さまざまな乗客とのやりとりや、そこから生じる著者の心理の動揺が読みどころです。

個人的には数字面も興味深く読めました。ドライバーの取り分は売り上げの60%強、日本全国のドライバーの数は35万人、1日の売り上げは5〜10万程度になることなどです。

ドライバーの方にチップを与える乗客も意外に多いようです。ちなみに、本書の著者の実感からは、売り上げの1%程度のチップをもらうことになるそうです。前記1日の売り上げからは、1日当たりのチップは500〜1000円くらいということが分かります。

本書に書かれているのは東京のドライバー事情なので、都内で車の運転をする人の方が面白く読めるでしょう。抜け道ガイドなどの解説もあります。

世の中にはさまざまな職業がありますが、それぞれの職業について本書のような面白さがあるはずです。現場での経験がある書き手がいれば職業の数だけ面白い本ができることでしょう。職業になることはそれぞれ独自の奥深さがあるはずです。

本書は体験記として面白いのですが、経営的な側面もあるように思います。本書を読んだ人は、道行くタクシーの中で日本交通のタクシーに注目することでしょう。そして、ドライバーになろうとする人も日本交通を考えることでしょう。

なんといっても社長自身がドライバーの仕事を直接体験して、その面白さを自ら本に書いて伝えています。本書には会社の売り上げをアップさせ、従業員を集めるコストを低下させる働きがあると思います。



investmentbooks at 23:56│Comments(4)TrackBack(0)clip!本--経営者 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ikadoku   2008年08月20日 10:58
ご紹介いただき、ありがとうございます。

本書は、bestbookさんの言う通り、
単にタクシー業務の内幕だけでなく、
いろいろな視点で読むことができますね。

私は普段、タクシーを利用することが
ほとんどないのですが、夏休み中の旅行では、
それなりに使う機会がありました。

チップを渡す際も、本書の内容が頭をよぎり、
いつもより多めのチップになった気がします。

2. Posted by bestbook   2008年08月21日 00:00
ikadokuさん、コメントありがとうございます。

タクシーのドライバーの方にチップを
渡すのは、その場限りのやりとりなので
純粋に与えることができる喜びが得やすい
と思います。自分もタクシーはほとんど
乗らないのですが(汗)。

お互いささやかな喜びですが、チップの
コストパフォーマンスは高いとようです。
少しのお金で全体の幸福感が増すように
思います。
3. Posted by mnt   2009年02月06日 01:53
日本交通のリンク先が間違っています。
4. Posted by bestbook   2009年02月07日 00:56
mntさん、ご指摘ありがとうございます。

早速訂正しておきます。名前が同じの別の会社へのリンクにしてしまいました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ