2008年09月04日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『運命におまかせ』5

森田 健著  2007年11月12日発行  1500円(税込)

運命におまかせ ~いつも幸せを感じるあなたに~

不思議研究所」を設立されて長年活動されているだけあり、著者の本には「不思議」な内容のものが多く、人によって好き嫌いがあると思いますが、本書は人生論として刺激になる内容が含まれているので紹介することにしました。

著者が長年探求されている占いや生まれ変わりなどについてもある程度の記述があるので、そのような本が好きでない方は抵抗があるかもしれません。そのような場合は、本書を購入する前に書店で眺めてから判断した方がよいと思います。



著者はもともとソフトウェアのエンジニアの方ですが、その後ソフトウェアの会社をつくって独立され、さらに不思議研究所を設立されています。その活動内容についてはいくつか本が出版されています。

本書からとくに得られるものが多い方は、自己啓発書や成功本を数多く読んでそれらの内容に「疲れて」いる方です。本書では目標を設定したり、意志を強く持って成功に進んでいくというやり方について再考を促す内容にもなっています。

著者の活動内容については人によって賛否両論があると思うのですが、長年人生をかけて探求されているので、人生観や運命論については参考になる点も数多くあります。

著者の世界観の根底には「運命は決まっている」という考えがあります。しかしながら、その決まっている運命を受け入れることにより運命を変えることができるとも主張されており、本書の根幹をなす主張です。

まず運命というものが存在するかどうかについて議論があるでしょうし、もしもあると仮定したとしてもそれが決定しているかどうかについてもさらに議論が必要です。そもそも運命が存在するかどうかということについて考えること自体に意味があるかどうかという問題もあります。

本書をすべての方には面白いと言ってすすめることができないのは、上記のような問題に対する姿勢について大きな違いがあり、考え方が180度反対と言うこともあるからです。

運命という概念だけでも多様な捉え方や立場が存在するということは、おそらくこれらの問題を考えることは人が生存していくこと自体にはあまり関係がないからでしょう。多くの人にとっては運命について考えるよりも、仕事、異性、お金などについて考えをめぐらす方が意味が大きいはずですし、その方が適応的です。

形而上学的な問題に対する探求には、物質的に満たされていることが多くの場合必要です。古代ギリシャで哲学が発展したのも、当時の社会制度により物質的なことを心配する必要のない人々が存在したからです。

本書の著者にしても、数日前に紹介した坂本政道氏にしても、株やストックオプションにより経済的な問題からは解放されています。形而上学的な問題を探求をするのであれば、それ以前に形而下の問題を解決する必要があります。

しかしながら、これには違う考え方もあるかもしれません。形而上学的な問題を本当に探求したいのであれば、物質的なことに対する悩みは自然に解消されるという考え方です。この考え方の是非自体が形而上学的な問題となっています。



investmentbooks at 23:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--スピリチュアル 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ