2008年10月02日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『読書進化論』5

勝間 和代著  2008年10月6日発行  777円(税込)

読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書 1)

今月創刊となった小学館101新書のトップバッターです。一番打者からヒットになりそうです。本書は昨日からリアル書店の店頭に並び始めたばかりなのですが、すでに多くのブログで紹介されているようであり、発売された翌日に紹介するのすら遅きに逸している感があります。

本書には二つの大きな柱があり、一つは個人が読書を通じていかに進化して成功するかという自己啓発的な内容、もう一つは出版業界がいかに本の売り方を進化させるかというマーケティング的な内容です。



本書は一般向けの新書なので、多くの読者にとっては読書を通じた自己啓発的な内容が参考になることでしょう。著者の書店訪問記の実況中継なども興味深く読めます。

紀伊国屋新宿本店、丸善丸の内本店、リブロ池袋本店のイルムス館など何度も行ったことがある売り場の話が出てきたり、つい先日たまたま行ったばかりのリブロ青山店の話などがあって面白かったです。リブロ青山店は中規模の店舗ながら品揃えが充実していると思いましたが、著者御用達の書店のようです。

本書の読みどころはやはり本のマーケティングについてです。著者によると、出版業界はマーケティングの4Pのうち、「プレイス(流通チャンネル)」と「プロモーション(広報宣伝)」が弱いそうです。

著者が実際に本を売るために業界のそれらの弱点を補う提案や工夫をされているのが本書の一つのポイントであると思うのですが、本書は出版業界の方に向けてのメッセージとも言えそうです。本書専用のサイトも立ち上げられています。

一般的には、この点について本書の評価は分かれるかもしれませんが、個人的には本もマーケティングも好きなので、大変興味深く読めました。

本書を読むとよく伝わってきますが、著者は本の価値は非常に高いと考えておられます。しかしながら、業界のマーケティング的な部分が弱いこともあり、その価値が多くの人々に十分に伝わっていないようです。

多くの人は、書物を本来の価値より過小評価しているわけです。そして著者は過小評価されている価値を本来書物が有している価値に収斂させることにより多くの人を進化させ、その結果として日本がよくなればよいと考えておられるのでしょう。

本書を読む人はふだんからよく本を読んでいる方々だと思います。さらなる問題はふだん本を読まない人に本の価値をわかってもらうことですが、これは本の中だけでは解決できないのでなかなか難しいところです。

著者の本を読んでいると、自分を高め、そしてできるだけ多くの人によい影響を与えて世の中をよくしたいという思いのようなものが伝わってきます。この思いを進化させると、行き着く先は政治になるのではないでしょうか。



investmentbooks at 23:58│Comments(2)TrackBack(0)clip!本--自己啓発 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by donald   2008年10月03日 23:09
取り上げてくれるだろうなあと思ってました。

自分はビジネス書のベストセラー(作家)に対してどうも素直に読む気になれないというか、向上心の塊のような印象のある勝間さんのような人に対して引いてしまうというか・・・。

「ウェブと本」ということで自分が感じるのは、ブログに書くという前提は、読書という行為の密度を上げてくれるという事です。(bestbookさんの速度は自分にはとても無理ですが)
2. Posted by bestbook   2008年10月04日 02:07
donaldさん、コメントありがとうございます。

勝間さんの本をすべて紹介しているわけではないのですが、
書評ブログを書いているものとしては、本書は紹介したく
なる本です。

ビジネス書のベストセラーは、時代が何を求めているかを
敏感に示しているように思います。おそらく少なからぬ人に
とって必要なことと関係していると思うのですが、すべて
の人にとって必要ではないはずです。勝間さんの本を読んで
いる人は100万人と聞くと多いですが、100人に1人と
聞くと少なく感じます。

自分も勝間さんの本は勉強しつつ楽しんでいますが、同じ
ようにはできません。勝間さんの本は参考にする本で、
多くの人にとってはそのまま同じようにする本ではないと
思います。(ただし、同じようにするのもアリと思います。)

ブログに書くことは、アウトプットを意識してインプットを
するので、お書きの通り、読書の密度を上げてくれるように
思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ