2008年10月28日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『ヘタな経済学より八百屋のオヤジに訊け』4

富澤 豊著  2008年11月10日発行  1300円(税込)

ヘタな経済学より八百屋のオヤジに訊け
ヘタな経済学より八百屋のオヤジに訊け

著者はリクルートの関連会社からマーケティングコンサルタントとして独立後、大学の教官になられた方です。本書は現場におけるマーケティングセンスについて集中的に書かれています。

序章に「マーケティングセンスチェック」という25の項目がありますが、その中から以下にいくつか挙げてみます。



  1. 折り込みチラシはひととおりチェックする
  2. トレンディスポットには、一度は行ってみるほうである
  3. 街を歩くのが好き
  4. 計算が得意
  5. 文章を書くことが好き

5つほど例を挙げましたが、以上のような項目が25ほど挙げられており、いずれもマーケティングセンスをチェックできる内容です。自分が意識していなかったところは、それらを自覚することにより不足する部分を補うことができます。

その後の章は以下のようになっています。

  1. 売るセンスを身につける25の着眼点
  2. 儲けの嗅覚を磨く5つの習慣
  3. お客の”買いたくなるツボ”3つの原則

第一章の「25の着眼点」は、必ずしも最初のチェック項目との対応はないようです。例えば以下のようなものがあります。厳密な対応関係はありませんが、読み終えると最初のチェック項目の意味がよくわかるようになっています。

  • 書店を見ればその街が手っ取り早くわかる
  • 従業員同士の呼び方に耳をそばだてる
  • テレビドラマは小道具を見ると面白い
  • 新聞の人事欄に画期的新製品の芽がある
  • 会社を知るには売上の推移を見ればいい

本書はマーケティングについての本ですが、本質的にはものの見方について書かれている本です。ふだん無意識に見過ごしているものを、意識的に見えやすいようにするためのポイントがまとめられていると言ってよいでしょう。

一つ一つの項目は、実践するとしたら平易なことなのですが、意識しない限りはずっと気付かないことも多いと思います。また、一度意識したとしてもある程度意識することを続けないと身につかないかもしれません。

本書の内容を身につけたいのであれば、読み終わった後にポイントだけでもまとめておき、しばらく後に折に触れて読み返してチェックする方がよいのではないでしょうか。



investmentbooks at 23:57│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--マーケティング 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ