2008年11月05日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『フェラーリ経済学―半年後の景気を先読みするフェラーリ的分析術』4

村上 篤良著  2008年11月5日発行  1365円(税込)

フェラーリ経済学―半年後の景気を先読みするフェラーリ的分析術
フェラーリ経済学―半年後の景気を先読みするフェラーリ的分析術

タイトルに経済「学」とありますが、平易に書かれているため気軽に読める本です。著者の本は以前に『Dr.村上の「儲け」のネタ帳』という本を紹介したことがあります。

本書は、フェラーリを通じて景気や日本経済を読み解く内容が興味深いので、フェラーリ自体に興味がない方でも面白く読めると思います。



フェラーリが景気予測に役立つのは、フェラーリは経費で落ちないなどの理由もあるらしいです。フェラーリは実用性がないにもかかわらずお金がかかるため、景気のよさによって純粋に社会に余っているお金を示す一つのバロメーターになるようです。美術品的な要素があります。

著者は御自身もフェラーリオーナーであり、FCJ(フェラーリ・クラブ・オブ・ジャパン)に所属されているので、フェラーリオーナー同士の付き合いもあるようです。そのことについて書かれている部分も本書の読みどころの一つでしょう。フェラーリの所有を通じた経済格差の違いについて、わかりやすく説明されています。

フェラーリを所有しているのはほとんどが男性だと思われます。フェラーリは実用性がないのに、購入には高いお金が必要です。「機嫌」が悪くなって故障しやすく、メインテナンス費用も高くつくようです。お金がかかる女性のように表現されており、本書にはそのことに関係するコラムもあります。

全体的にくだけた内容の話が多く、肩肘張らずに読み通せる内容です。女性についての話が多く出てくるのは、やはりフェラーリと女性に似ている点があるからかも知れません。

本書に書かれていることは経済学的な難しさはありませんが、フェラーリというものを通じてこれだけお金に関する話題を広げるられるのは、フェラーリに対する著者の長年の愛着とこだわりがあるからでしょう。

あるものについてたとえ読み手に関心がない場合でも、著者が愛着とこだわりを持っているテーマについて書かれている本には、ある種の面白さがあります。本書はそのような本の一冊になっていると思います。



investmentbooks at 23:51│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--経済学 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ