2008年12月16日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『やる気になったあなたが成功するために本当に必要なこと』5

杉村 昌孝著  2008年12月16日発行  1470円(税込)

やる気になったあなたが成功するために本当に必要なことやる気になったあなたが成功するために本当に必要なこと
著者:杉村 晶孝
販売元:明日香出版社
発売日:2008-12-15
クチコミを見る

本書は著者の3冊目の本です。過去の2冊の本は個性的なマーケティングの体験と手法について書かれており、このブログで両書とも紹介させていただきました。

『客が客を呼ぶ「集団感染」のスゴイ仕掛け』

『なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか?』

過去の本にも著者の哲学や人生観などについて書かれていますが、本書はマーケティング的な内容が減って、それらについての内容がほとんどになっています。著者の個性がより滲み出ているため、とくに人生論、思想、哲学が好きな方には、より面白い内容になっていると思います。



著者の考えの根底には、カント哲学や東洋思想があるようです。また、数百億、数千億単位を売り上げたビジネスの経験なども著者の人生観に影響を与えているようです。

本書は思想のみならず具体的なノウハウも書かれており、自己啓発書としても読めますが、個性的な話が多いため読み手を選ぶ本であると思います。

著者は人生において「どん底からはい上がった」体験があるので、「どん底」の経験がない方や、現時点でそのような経験をしたくない方には、本書の内容はピンとこない部分もあるかもしれません。

本書でマーケティングにおける「共鳴」について書かれていますが、本書も本と読み手と共鳴するかどうかによって、本書の価値は異なってくることでしょう。

本書に最も共鳴できる方は、現在「どん底」にいる方か、「どん底」の手前にいる方、「どん底」からはい上がり始めている方です。そのような方がタイミングよく本書を手に取ることができたら、大きな共鳴が起こるのではないかと思います。

成功本はスマートに書かれているものも多いのですが、本当の意味において成功をしようと思ったら、どん底をはうような経験が必要なのかもしれません。

本書の流れに沿って述べると、本当の意味での成功とは、自分の殻、つまりエゴを超越することです。エゴを超越することなく、たんにお金持ちになったり社会的に高い地位についても、本当の成功と言えないのかもしれません。

逆に考えると、一般的な意味で成功が得られなくても、エゴを超越することにより少しでも自分が変化することができれば、それは成功と言えるかもしれません。

ただし、お金を稼いだり出世したりする過程において、エゴの超越が必要とされる局面は生じやすいので、それらのことを追求することが必ずしも悪いわけではありません。

経済的成功にしても出世にしても、ある人が特定のことに惹かれる場合は、それを追求する過程がその人のエゴを超越させる好機になることが多いと思います。潜在意識のレベルで考えると、エゴを超越するために特定のことをやりたくなるのかもしれません。

そのような意味において、「どうしてかわからないけどやりたいこと」は重要です。そのようなことをやって否定的な思いを経験するにしても、その経験自体に意味があります。

よって、「なんとなくやりたいこと」は実行する方がよいのでしょう。「なんとなくなりたいこと」をやらずに人生を終える人は多いと思います。人生における後悔は、「実際にやって失敗したこと」にあることは少なく、ほとんどが「やりたいことをできなかったこと」にあります。

やりたいことができなかったのは、自分自身のエゴにとらわれているためです。エゴの性質として現状を維持したがることがあります。エゴを破壊するエネルギーは自分の中にあり、読むタイミングにもよりますが、本書はそのエゴの「破壊」を促進する作用があると思います。人生が「テンパッて」いる方にとくによいと思います。



investmentbooks at 23:36│Comments(2)TrackBack(0)clip!本--人生指南 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 杉村晶孝   2008年12月21日 14:23
5 先生 

著書の杉村晶孝です。拙著ご高評賜り深謝いたします。きっと私は先生のおっしゃるようなエゴの超越、克服という成功の本当の意味を書きたかったのにちがいありません。ビジネス、商売を通じての自己克服、修行。きっとそのエゴの克服の過程において「なにか」がちらっと見えるのかもしれません。その結果としての現実は、もうもぬけの殻で、もしかすれば、そんなことはどうでもええがななのかもしれません。

BESTBOOK様のおっしゃる『どうしてかわからないけどやりたいことは重要です。そのようなことをやって否定的な思いを経験するにしても、その経験自体に意味があります』実に深いことばです。

ご書評賜りましたお礼がおくれてしまいました。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
杉村晶孝
2. Posted by bestbook   2008年12月22日 01:27
著者よりコメントいただき、ありがとうございます。

御著書からはいろいろと啓発されるところがありました。多くの人にとって、ビジネスは最初の時点ではエゴを満たすためにあると思いますが、後から振り返ってみるとエゴをなくすための通過地点であったということになるのかもしれません。そのあたりの認識が御著書のよみどころではないかと思いました。

ビジネスは真剣勝負の場なので、自己克服や修行のための場としてもよい場と思います。ビジネスでいくら成功しても、あるいは失敗しても、結果的に自分に本当の意味で残るのはこころの状態だけだと思います。

ブログの御評価いただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ