2009年03月06日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『大恐慌でもあなたの資産を3倍にする投資術』4

諸星 きぼう著  2009年3月20日発行  1575円(税込)

大恐慌でもあなたの資産を3倍にする投資術大恐慌でもあなたの資産を3倍にする投資術
著者:諸星きぼう
販売元:WAVE出版
発売日:2009-03-06
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

著者は金融機関に勤務後、独立され投資教育や金融・投資のアドバイサリーの仕事をされている方です。本書のタイトルは目を惹きますが、オーソドックスな投資を実践されている方であれば、やや引いてしまうかもしれません。

本書はタイトルから受ける印象とは異なり、今後の世界経済や市場、そして資産運用について、著者の独自の視点を基にしっかりと書かれている本です。本書の序章は「ドルの崩壊、円の希望」であり、以後の章は以下のようになっています。



  1. 大恐慌の正体
  2. これから始まる本当の「絶望」
  3. 資産を守るために「してはいけない」5ヵ条
  4. あなたの資産を3倍にする投資術
  5. 「マネー」と「幸せ」のアンカー

章のタイトルからも分かるように、悲観的な予測になっています。とくにアメリカとドルについてはかなり悲観的であり、「ドルは必ず下落する」とも書かれています。この部分は一般的な考えですが、さらに以下のように述べられています。

  • 今後数年間は世界的デフレが続く
  • 食料インフレが起こる
  • 日本では大インフレとなり円は下落
  • ユーロと豪ドルが高くなる

日本の株式や不動産についても弱気の見方です。金についても独自の見解を述べられています。豪ドルについて強気なのが目を引きますが、これはオーストラリアが食料を含んだ資源が豊富な国であるからのようです。

日本の将来については弱気ですが、日本人はお金持ちであり、このお金を有効に使うことによって世界に貢献できるとされています。このあたりが海外への投資につながるようです。

最終章では資産運用から距離を置いて、幸福論や人生論について述べられています。これからの不況は自分を見直すチャンスでもあると書かれていますが、不況になってもののありがたさが分かるということはあるかもしれません。

「空腹は最高のソース」ということわざがありますが、ものが不足すると、ものに対する感謝の念が強くなるということはあるでしょう。ものと人との心理的な距離が近くなり、感謝を通じた幸福感を感じやすくなるということはあると思います。

景気のよいときはその状況に乗って楽しめばよいですし、景気のよくないときはよくないときで自分のあり方を見直すことができます。よくない状態になるということは、改善することがあるというサインであり、よくない状態にならないと、個人も国もよくない点を改善することは一般的には難しいと思います。

本書に書かれている世界経済や日本経済についての予測は、あくまでも予測なので当たらない可能性もあるでしょう。しなしながら、分量的には少ないながらも、最後の章に書かれている幸福論や人生論は一般論として通用すると思います。

終わりに近づくほど、著者が本当にいいたいことが表現されているように感じました。後書きで以下のように書かれています。

「さて、タイトルは「資産を3倍にする投資術」となっていますが、本書で最もお伝えしたいことは、この20年、日本人は自信を失ってきましたが、もっと世界に胸を張っていいんだ、ということなのです。 (中略) 本書でも述べましたが、私達日本人は今、お金持ちになったのです。このお金を使って世界を幸せにすることができるのです。そうした意味でも、まさに「100年に一度の、最期のチャンス」なのです。」

投資の醍醐味は、さまざまな資産を用いて価値を創り出すことにより世界をよくすることですが、お金を用いる投資もその一つです。マーケットの状態がよくないので、投資ブームは下火になってしまいましたが、そのようなときにこそ本当の意味での投資が必要なのかもしれません。



investmentbooks at 23:58│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--投資一般 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ