2009年04月08日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『おちまさとの交渉術』4

おち まさと著  2009年1月10日発行  1260円(税込)

おちまさとの交渉術おちまさとの交渉術
著者:おちまさと
販売元:ぶんか社
発売日:2008-12-22
クチコミを見る

 

 

 

著者は著名なプロデューサーの方です。おちまさとさんと言えば、以下の教科書シリーズが有名です。挿絵もユニークで、文庫で入手しやすくなっています。

企画の教科書―ポケット判おちまさとプロデュース
企画の教科書―ポケット判おちまさとプロデュース

企画の教科書〈2〉企画火山!―ポケット判おちまさとプロデュース
企画の教科書〈2〉企画火山!―ポケット判おちまさとプロデュース

時間の教科書―ポケット判おちまさとプロデュース
時間の教科書―ポケット判おちまさとプロデュース

初対面の教科書―ポケット判おちまさとプロデュース
初対面の教科書―ポケット判おちまさとプロデュース

本書は交渉術について書かれており、挿絵などはありませんが、実践的な内容です。交渉というと堅くなりますが、コミュニケーションと考えても無理はありません。



恋愛も男女間の交渉ですが、本書でも恋愛のことが少しですがところどころに出ており、適度なスパイスになっています。読者の興味を引くようにするための、著者の工夫をよく表していると思います。

「はじめに」で、「交渉に、正しい答えはない」とあります。その後に著者が数多くの経験から身に付けられたさまざまな「テクニック」が披露されています。最初に「正しい答えはない」と宣言して、その後に事例を数多く挙げているのが面白いところです。

数々の事例から、創意工夫や臨機応変さが必要なことを読み取るべきであるというメッセージが伝わってきます。

それでも、ある程度原則として抽出できるようなポイントはあります。目的の明確化や粘り強さはポイントのようです。原則をふまえた上で、創意工夫や臨機応変さが必要とされます。

本書の短い一部分で、交渉ベタな人の特徴が以下のようにまとめられていますが、やってはいけないことから考えると、交渉の本質が分かりやすいかもしれません。

  • 交渉中にあきらめる人
  • 最後まで肝心の話をしない人
  • その場しのぎでごまかす人
  • 相手のペースに巻き込まれる人
  • ビッグチャンスを逃す人
  • 他人の時間を平気で使う人
  • 会わずに済ませる人

これらも男女関係に置き換えて考えることができると思います。

本書ではさまざまなコツが述べられていますが、これらは著者が場数を踏んで身に付けられたものです。いろいろと述べられていますが、最も大事なのは、場数を踏むことであると思われます。場数さえ踏むことができれば、本書は強力な働きをすると思います。



investmentbooks at 22:20│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--対人関係 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ