2009年04月07日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『気づきの投資術―投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧』5

新田 ヒカル著  2009年3月25日発行  1680円(税込)

気づきの投資術―投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧気づきの投資術―投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧
著者:新田 ヒカル
販売元:サンガ
発売日:2009-03-25
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

表紙のタイトルよりオビの方が目立ちます。本書は「投資」とありますが、トレーディングの心理について実践的な立場から書かれている本です。本書のようなトレーディングの心理面について述べられている本は、日本ではあまりありません。

洋モノではいくつかありますが、個人的には以下の本がおすすめであり、本書に通じるものがあります。



ゾーン 相場心理学入門
ゾーン 相場心理学入門
クチコミを見る

本書も相場心理学について書かれていますが、一番の特徴は仏教的な観点から書かれていることです。仏教における無常の概念や、「心の三毒」と言われる「貪瞋痴」を用いて、相場や相場における心理的な落とし穴について語られています。

著者は御自身でもトレードを行い、投資関係の講演も数多くされている方です。仏教にも造詣が深いようで、本書にはそれらの持ち味が存分に生かされているように思います。自分も仏教は好きなので、本書の内容には大いに共感できました。

本書を読むと、仏教的な認識を深めることとトレードの上達が本質的に同じものであることが分かります。両者とも自分自身の心に対する気づきを深めることです。

仏教の無常観などは、本来世の中の全ての現象に当てはまることです。しかしながら、現実の世の中を通してそのような認識を深めることは容易ではなく、むしろトレードを通じての方が深めやすいかもしれません。

なぜならば、トレードは結果が数値的にはっきり出るため、自分自身をごまかすことが難しいからです。いくら言い訳をしても、トレードでマイナスになっているという事実は厳然として目前にあります。

日常においては、白黒はっきりしないことが多いので、いくらでも自分をごまかしてしまいます。人間の心は現状維持の働きがあるので、このごまかしは無意識的に行われることが多く、気づきを自ら遠ざけてしまいます。

それに比べて、言い訳ができないだけトレードは気づきが得られやすいのですが、その分つらさがあります。トレードの上達は修行と覚悟する必要がありそうです。

気づきは自分自身が楽になるためにも必要ですが、ものごとには時期があります。本書を読んでも、時期が来ていないと、理解や実践は難しいでしょう。もしもやさしければ、トレードで負ける人が多くないはずです。というよりもむしろ、その難しさが差を生み出し、勝者と敗者を作っていると言えます。

本書は、トレードの上達を目指す方に、そしてトレードを通じて「悟り」を得たい方におすすめできる本です。



investmentbooks at 23:05│Comments(4)TrackBack(1)clip!本--投資一般 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『気づきの投資術』  [ 新田ヒカル公式blog 225先物「投資の真理」 ]   2009年04月08日 09:21
『気づきの投資術 投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧』 新田ヒカル著 「トレーダーズショップで購入する方はこちら」 ■2009/3/20 総合ランキング19位、ヒット商品1位 ■2009/3/24 発売前日、第2刷決定 勝つための投資心理を分析した、自信...

この記事へのコメント

1. Posted by 新田ヒカル   2009年05月05日 03:15
投資ではもう稼げないので、本を書きました。


>なぜならば、トレードは結果が数値的にはっきり出るため、自分自身をごまかすことが難しいからです。いくら言い訳をしても、トレードでマイナスになっているという事実は厳然として目前にあります。


アハハ。痛いところを突いて来ましたね。
確かにそのとおりです。

2. Posted by bestbook   2009年05月05日 22:33
著者よりコメントいただき、ありがとうございます。

投資業界も厳しいので、大変な点があるとお察しします。本については、次回作も期待しています。
3. Posted by ヒッキー   2009年05月29日 18:43
ご高評賜り御礼申し上げます。

私をかたる人がいるとメールがあり、見に来ました。
それだけ売れたということでありがたく思います。

さて、仏教が好きということでうれしく思います。次回作の対談集では、僧侶との対話もあります。ご期待下さい。

よろしければ、直接メールなど頂ければ幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
4. Posted by bestbook   2009年05月30日 16:37
著者よりコメントいただきありがとうございます。

上記のコメントについては、おそらく著者ご本人ではないと思っておりましたが、はっきりしない部分もあり、通常通り返答をしました。

相場には小さな「悟り」の境地が必要なので、仏教的な考え方が役に立つという発想には共感できる部分が多かったです。

今後ともよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ