2009年04月18日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『多読術』4

松岡 正剛著  2009年4月10日発行  840円(税込)

多読術 (ちくまプリマー新書)多読術 (ちくまプリマー新書)
著者:松岡正剛
販売元:筑摩書房
発売日:2009-04-08
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

著者は読書家として有名な方のようです。寡聞にしていままで知りませんでしたが、インターネット上で千夜千冊という本のナビゲーションをされています。

松岡正剛の千夜千冊

上記のページを眺めると、著者の本に対する思い入れがただならぬものであることがわかります。本書は著者が読書や本に対する思いをインタビュー形式で語っています。



  1. 多読・少読・広読・狭読
  2. 多様性を育てていく
  3. 読書の方法をさぐる
  4. 読書することは編集すること
  5. 自分にあった読書スタイル
  6. キーブックを選ぶ
  7. 読書の未来

ビジネス書を読むことは、多くの場合手段としての読書になりますが、著者の場合は、読書自体が目的になっているようです。 

本書はふだん本をあまり読まない方が読むよりも、読書に思い入れのある方が読む方が面白いと思います。本を多く読む方の場合でも、読書をたんなる手段とされている方は、本書の世界は別世界のように映るはずです。

あとがきに以下のようにあります。

「読書を神聖なものだとか、有意義なものだとか、特別なものだと思わない方が良い。読書はもともと多様なものだ。だから、本は「薬」にもなるが、「毒」にもなるし、毒にも薬にもならないことも少なくない。読書はつねにリスクを伴うと思った方がいい。読書を愉快にさせるのは、読み手次第なのである。

(中略)

それゆえ本を読むにあたっては、読者自身の得意な作法に照らし合わせ、会得しやすい柔軟な方法を身につけることをススメたい。それにはむしろ最初から多読的に遊んでみるほうがおもしろいはずなのだ。」

読書を恋愛、本を女性に入れ替えても意味が通じてしまいますが、このことからも著者の読書や本に対する深い思い入れが感じられます。

上の著者の言葉を踏まえると、本書は著者というフィルターを通した読書や本に対しての一つの表現です。別の方が表現すると、また別の本ができるでしょうが、それには著者と同程度のこだわりが必要です。

本書のタイトルは「術」という言葉がありますが、おそらく著者が読書に対する「術」をあまり意識されていないことを想像すると、やや違和感があります。それよりもむしろ、読書を「道」と捉えられているのではないかという印象を受けます。ただし御本人は「道」ということすら意識されていないかもしれません。

本書から著者が実践されていることをところどころ抜き出すと、「術」のようなものを抽出できるかもしれませんが、それらを単独で真似ても、本書の主旨とは少しズレが出てくることでしょう。真似た後に自分で消化して、今度はそれを自分の一部にする必要があります。

本書はもともと読書に思い入れがある方が読むとよい本であると思います。ふだんあまり読書をしない方が、読書のヒントを求めて読書術の本として読んでも、満足できないかもしれません。著者のこだわりを目的に読むのであれば、楽しめると思います。



investmentbooks at 23:52│Comments(0)TrackBack(1)clip!本--その他 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 多読術  [ hobo-多読多評- ]   2009年05月24日 06:28
多読術 (ちくまプリマー新書)(2009/04/08)松岡正剛商品詳細を見る ■感想 決して本書は多読へのすすめではない。著者が実践してきた読書を通しの..

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ