2009年04月25日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『ジョージ・ソロス 不滅の警句』3

青柳 孝直著  2009年5月8日発行  1575円(税込)

ジョージ・ソロス 不滅の警句ジョージ・ソロス 不滅の警句
著者:青柳 孝直
販売元:総合法令出版
発売日:2009-04-27
クチコミを見る

ほぼ10年前に出版された『ソロスの55の言葉』が大幅加筆されたものです。ソロスの著作から箴言集のような形で抜き出されていますが、言葉の数は108に増やされています。

見開き2ページの右側はソロスの言葉が簡潔に書かれており、左側は著者が書かれた1ページ読み切りのコラムになっています。コラムの内容は、最近の日本経済や金融危機を中心とした世界経済についてです。ソロスの言葉は以下の四つのテーマに分けられています。



  1. 法則
  2. 社会
  3. 成功
  4. 信念

ソロスの言葉は含蓄が深いものばかりです。左側のページにある著者のコラムは、右側にあるソロスの言葉とほとんど関係がなく、独立した2冊の本があるような印象を受けます。もう少しソロスの言葉に関する著者の解釈や意見を読みたいところでした。

投資関連の箴言集といえば、バフェットのものがよく出ています。バフェットはユーモアやウィットに富んでいますが、本書にあるソロスの言葉は、哲学的・思想的な内容で、「厳しい」印象を受けます。

バフェットの言葉は株主総会でコーラを飲みながら気楽に話しているような雰囲気ですが、ソロスは自らの思想や信念に基づいて闘争をしながら語っているような雰囲気です。両者の雰囲気は異なりますが、言葉に深みがあるのは同じです。

いくつか言葉をピックアップします。

  • 参加者は、自分たちにとって最良の利益に基づいて行動しているのではなく、「自分たちにとって最良の利益という認識」に基づいて行動しており、この二つのことは同一ではない。
  • 私たちの社会は、成功が真実と美徳を兼ね備えたものであるかのように崇拝する。この考え方はアメリカでは主流であるが、間違いであると思う。
  • 市場経済の主な利点は、資本の最適な配置を保証することではなく、人々に選択の機会を与え、自分の失敗から学ばせることである。
  • 投資家の見地から言えば、(統計的な)可能性なんてどうでもいい。大切なのは個々のケースにおいて何が起きるかである。

ソロスの思想の根底には、人間は現実を完全には認識できないという無常観のようなものがありますが、本書にある多くの言葉からもそのことがよくわかります。

ソロスは市場を語ることを通じて現実世界を語っており、本書は人生論としても読むことができると思います。ただし、人生論として読むのは厳しすぎる面もあるかもしれません。

著名な投資家についての本は数多く出ていますが、傑出した投資家はみな個性的です。投資で高いリターンをあげるためには、多くの人々と同じように考えてはいけないからであると思われます。



investmentbooks at 23:46│Comments(2)TrackBack(0)clip!本--投資一般 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Todd   2009年11月02日 02:44
青柳孝直という胡散臭い男のことを知っているので奴の書いた本など読む気もしない!
2. Posted by bestbook   2009年11月03日 00:35
Toddさん、コメントありがとうございます。

本書は少なくともソロスの言葉の部分は参考になる点もあったように記憶しています。個人的に存じ上げないので、本書の著者については何とも言えないところです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ