2009年05月10日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『あなたに貸す金はない! 国が生み出す新しい「借金地獄」』4

岩田 昭男著  2009年5月11日発行  780円(税込)

あなたに貸す金はない! 国が生み出す新しい「借金地獄」 (アスキー新書 107)あなたに貸す金はない! 国が生み出す新しい「借金地獄」 (アスキー新書 107)
著者:岩田 昭男
販売元:アスキー・メディアワークス
発売日:2009-05-08
クチコミを見る

著者は消費者金融やクレジットカードについて数多くの著作のある方です。昨日紹介した本と同じテーマになります。今年の秋から、改正貸金業法と改正割賦販売法が本格的に施行されるので、出版時期が重なっているようです。

昨日の本との違いは、昨日の本がどちらかというと業者の観点から書かれて本でしたが、本日の本は主として消費者側の立場で書かれているということです。視点が異なるため、二冊一緒に読むと理解が深まります。



本書の目次は以下の通りです。

  1. 新しい「借金地獄」の幕開け
  2. 多重債務者の現状
  3. 「改正貸金業法」とはどんな法律か
  4. 借りられない人1000万人
  5. 追い打ちをかけるクレジットカード規制
  6. 信用力がきびしく問われる時代
  7. 借金脱出法はこうする!

業者の経営状態などを理解するためには昨日の本が役に立ちましたが、消費者の視点から問題を理解するためには、本書の方が参考になります。一般的な説明の後に、わかりやすく実用的なQ&Aなどもあります。

著者の業界に対する関心が長いため、少し織りまぜられている業界の裏話なども興味深く読めます。たとえば、改正貸金業法は金融庁、改正割賦販売法は経済産業省の管轄であり、これらの法律改正には役所の思惑も関係しているようです。

今回の改正では、グレーゾーン金利の撤廃がよく話題になりますが、もう一つの話題の柱として総量規制があります。たとえば、改正貸金業法の方では、総量規制として年収の三分の一が借り入れ限度額になっています。

これから最も問題になってきそうなのは、消費者金融の主な利用者である年収が低いワーキングプアの方などが、総量規制により与信額が減ってしまうということのようです。企業で考えると、つなぎ資金、運転資金の与信枠が減らされるようなものです。

おそらく、現在の状況が苦しい人ほどさらに苦しくなりそうです。経済の点からは消費が落ち込むのが問題ですが、個人のレベルでは生活に必要な資金の手元流動性が枯渇するのが問題です。

本書では、弱者救済のための法改正が、逆に弱者を苦しめてしまう可能性が指摘されています。昨日の著者と同じように、本書の著者も法改正の見直しを提案されています。いずれにしろ、近々今回の法改正の影響がどのような形で現れるかがはっきりとしてくるはずです。

今回の法改正のきっかけになった多重債務者の問題については、難しい問題ですが、たんに規制を強化すればよいというものではないと思います。長期的には、個人の借金というものに対する理解を深めること、つまり金融リテラシーを深めることが根本的な解決法であると思います。

借金は病的な面もあるので、そのような方は早い時点で発見されるようにして、深入りしなくするような制度が望まれます。アルコール依存症があるからといって、アルコール販売を規制するだけでは問題の解決にはなりません。

借金ということは、お金と深く関わる非常に繊細な問題です。その割には何の教育もなく現場に投げ出されてしまいます。サブプライムローンの問題も、もともとは借金についての問題です。

今回の法改正により、社会的な問題が出てくるとしたら、その場合はそのことをきっかけにして、借金という行為について深く議論するきっかけになるかもしれません。

また、法改正によって困る人が多く出てくるとすると、困る人に対して何らかの有用な解決策を提供できる人にとっては、大きなビジネスチャンスになるのでしょう。



investmentbooks at 23:02│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--日本経済 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ