2009年06月11日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『初心者は株を買うな!』4

内藤 忍著  2009年6月8日発行  893円(税込)

初心者は株を買うな!(日経プレミアシリーズ)初心者は株を買うな!(日経プレミアシリーズ)
著者:内藤 忍
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-06-09
クチコミを見る

勝間和代さんの新書本を思い起こさせるようなタイトルです。著者は資産運用についての本を数多く書かれている方ですが、新書は本書が初めてのようです。

資産運用について一般向けに合理的で明快な本を書かれている方というと、著者と山崎元氏が代表であると思います。ちょっとひねりを加えて橘玲氏になるでしょうか。三者とも合理的なことは共通していますが、その表現や投資観に違いがあるのが興味深いところです。



本書の章の部分的なタイトルは、本書の内容をよく表しています。

  1. 分散投資はリスクコントロールの基本
  2. 投資は長期で考える
  3. インデックス運用で平均点を狙う
  4. コストを下げればリターンは上がる
  5. 積立投資で時間を分散させる
  6. 五つの原則で実践する投資法
  7. これから3ヵ月で本格的投資を始めるためのアクションプラン

タイトルの「初心者は株を買うな!」ですが、より正確に書くと、著者が株式投資について初心者の方に伝えたいのは、最初に「株式の個別銘柄投資」をしない方がよいということです。

理由としては、資金の集中はリスクが高いこと、銘柄の選択が難しいこと、マーケットの予想は簡単ではないこと、などすべて高度なスキルが必要とされるからのようです。

著者がどのような投資法を勧めておられるかは、著者の過去の著作を読まれたことがある方はご存知であると思いますし、上記の各章のタイトルからも大まかな内容がわかると思います。

本書の内容を一言でまとめると、「インデックスファンドを使った長期分散投資」ですが、本書に書かれているのは、そうした方がよい理由と、具体的な心構えや方法についてです。

今までの著者の本ではさまざまな資産クラスに分散投資し、ごくたまにリバランスすることが強調されていますが、本書では株式のインデックスにターゲットが絞られています。初心者向けに焦点を絞って分かりやすさを狙われたと思われますが、もしかすると、現在の株価は割安であると思われていることもあるのかもしれません。

ただし、著者は市場の予測は難しいという立場なので、そうは書かれてはいません。

山崎元氏や橘玲氏と比べて著者の一番の違いは、人的資本を含めて投資を考えるかどうかであると思われます。著者は人的資本、つまり自分自身の稼ぐ力を疑似証券と見なして、それを他の投資対象と同列に考えることについては反対のようです。

これは著者が自分の人生を主、投資を従と、どこかで見なしている人生観・投資観をお持ちであるからと思われます。

ちなみに自分は「初心者は株を買うな」とは思っていません。株式投資を始める前に数年本を読んで準備しましたが、今から振り返ると最初から少しでも個別銘柄を買っておけばよかったと思っています。

なぜなら、個別銘柄を買うことによって、資本主義や株式会社の仕組み、市場の見方、市場心理などについて学ぶことができるからです。これらのことは、実際に株式投資をしなくても知識としてはわかりますが、実際に自分のお金を使って参加しないと身に染みて分かりません。

世界の国のほとんどが資本主義に則って経済活動が行われているので、実際の株式投資を通じてその原理を理解しておくのは、今後ますます重要性が高くなると思います。

最初から大きな金額の投資をするのはよくないと思いますが、少しの金額でも個別銘柄を購入した方がよいと思います。その方が、本書に書かれていることのありがたみも身に染み入ることでしょう。

ただし、個別銘柄に投資するのであれば、それなりの覚悟や熱意が必要であると思います。覚悟や熱意が低ければ、投資金額を少なくすることにより調整するとよいと思います。

自分の人生にはより重要度の高いものがあり、それらを投資より優先したいと思いつつも資産を増やしたい方なら、本書に書かれている内容は非常に参考になると思います。考えてみると、ほとんどの人はそうかもしれません。



investmentbooks at 23:57│Comments(0)TrackBack(2)clip!本--投資一般 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

「初心者は株を買うな!」を早速ご紹介いただきました。勝間さんを意識した訳ではない...
2. 色々な告知の日  [ 水野俊哉の日記 ]   2009年06月15日 18:35
  全国セミナーツアー(名古屋→大阪→東京→仙台→福岡)が無事、終了し、ホッと一息ついたところで、なんと急に喉が痛くなり(懇親会疲れという噂も・笑)、 週末は「1Q84」を読みながらまったり仕事をしていたのですが、 本日は色々、献本その他、お知り合いの本、セミ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ