2009年07月08日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

向こうから近づいてくる人とぶつからないためには?

道を歩いていると、自分が歩いている方向と反対方向から人が歩いて来ます。道幅が広ければ、お互い余裕を持ってかなり前から距離を取るので、ぶつかりそうになることはほとんどありません。

狭い道でも実際にぶつかることはまずないのですが、正面ではち合わせてぶつかりそうになることがあります。このような状況はどのようにしたら避けられるでしょうか?



ぶつかりそうになる状況を思い出してみるとよくわかると思いますが、そうなるときは、ぶつからないようにしようとお互いに注意を払っているときです。とくにお互いの注意が大きいほどぶつかりそうになります。

お互いに正面から来る人を全く気にかけない場合もぶつかりそうになることがあるかもしれませんが、両者が全く気にしないことはほとんどないと思います。それでも、全くお互いが気にしなければぶつかる可能性はあります。

以上の二つのパターンを考えると、ぶつかりそうなときは、お互いに注意している程度がほぼ一致しているときです。そう考えると、ぶつからないようにするための結論はわかりやすいでしょう。

ぶつからないようにするためには、向こう側から近づく相手との注意の程度を同じようにならなくすればよいわけです。

相手がほとんど注意を払っていないようであれば、自分がよけるために注意深くするのがよく、相手が慎重になっているようであれば、自分は注意しないようにするとよいでしょう。

相手が注意深くなっているときに重要なのは、自分があまり注意していないということを、相手にわかりやすく伝わるようにすることです。

相手が注意している気配を感じたら、相手の方にほとんど視線を向けずにマイペースで歩くのがよいでしょう。そうすると相手が自分からよけてくれます。

ここでのポイントは、相手と近くですれ違う前に相手の情報を読み取っていることです。実際に近づく前に必要な情報交換は終わっています。ぶつかりそうになるのは、その相手の情報を事前に読み取ることができなかったからです。

この情報交換は非言語的に行われます。こちらに向かってくる人に、「私は左に寄るのであなたは右に寄って下さい」などとは言いません。そんなことをすると、かえって混乱してしまいます。

このことを逆に利用すると、相手とぶつかりそうになりたければ、相手と注意の程度を同じようにすればよいわけです。そうすると、ぎこちない自然さをもって相手と向き合えます。ぶつかりそうになるのはぎこちないのですが、その状態になっているのは自然です。

これは一種のミラーリングになっています。注意の程度が一致しているので、同じような動作をしてぶつかりそうになってしまっているわけです。

これは全く知らない人どうしの場合は、その後、無表情にすれ違ったり、謝ったり、苦笑いなどしておしまいです。しかしながら、お互い顔だけ知っていて一度話してみたいと思っている相手であれば、ぶつかりそうになったことをきっかけに話を始めることができます。

ミラーリングによってその状況になっているので、何もない状況より同調しやすくなっています。こちらが苦笑いすれば、相手が顔だけでも知っている人であればかなりの確率で笑い返してくれることでしょう。お互いが笑うことによって、さらにミラーリングが起こります。

ぶつからないようにするための話だったのに、いつの間にか親しくなるきっかけを作るための話になっていますが、両者は本質的には同じ原理です。

道ですれ違うことについて書きましたが、非言語的なやりとりは日常の多くの状況で起こっています。非言語的なやりとりは無意識的になされることがほとんどですが、そのことを意識的に眺めてみるのも面白いと思います。



investmentbooks at 23:02│Comments(0)TrackBack(0)clip!つぶやき--その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ