2009年07月21日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『まずは親を超えなさい!〜最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック〜』4

苫米地 英人著  2009年7月17日発行  1470円(税込)

まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~
著者:苫米地英人
販売元:フォレスト出版
発売日:2009-07-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

最近立て続けに著者の本が何冊か出版されていますが、それらのうちでは本書が最も著者の気合いの入った本です。

サブタイトルに「TPIE公式ブック」とありますが、TPIEとは「タイス・プリンシプル・イン・エクセレンス」の略で、ルー・タイスと著者が共同で、ビジネス・コーチング・プログラムのプログラムの「決定版」として創り上げたそうです。ルー・タイスという人は有名な方のようで、著者の過去の本に名前が出てきます。



本書がどう評価されるかは難しいところです。本書に書かれていることは、著者が過去に折に触れて書かれていることの自己啓発的なエッセンスをプログラムとしてまとめ上げられたものであり、待ち望んでいた方も多かったことでしょう。

システマティックな自己啓発プログラムに対して漠然とした違和感を持っている方は、用語などに馴染めない部分もあるかも知れません。

本書は最後のほうにバランスを取ることの重要性が述べられていますが、このあたりにもこのプログラムを広範に広めたいという著者の意図が感じられます。

自己啓発書や自己啓発プログラムにはバブル的な要素があり、それらによって得られる一時的な高揚感を提供しているのか、それともその高揚感が持続して実際に何かを成し遂げることができるようになることを提供しているのか、両者の区別がつきにくいところがあります。

結局はそれに関わる人次第という面はあるのですが、多数の人数の人が利用した場合に両者の割合がどのようになるかは、本やプログラムの内容によって割合が異なるはずです。尺度はいくつかあると思いますが、何かを成し遂げる人の割合が多いというのは一つの尺度でしょう。

本書がどのように評価されるかは、今後実際に多くの人がこのプログラムを利用してからはっきりしてくることでしょう。著者の意気込みがどれくらい現実的な力に変換されるかが今後の見所であると思います。



investmentbooks at 23:50│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--自己啓発 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ