2009年12月08日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話』4

マネー・ヘッタ・チャン著  2009年12月8日発行  1050円(税込)

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話
著者:マネー・ヘッタ・チャン
販売元:経済界
発売日:2009-11-25
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

サブタイトルに「マネー版グリム童話」とあるように、お金についての寓話集です。全部で8話ありますが、ページ数が少ない割には挿絵が多く、すぐに読了できます。

本書はシニカルで風刺が効いており、そこのところを面白いと思えるかどうかで評価が分かれる本かもしれません。



かなり時事的な話も多く、固有名詞すれすれの表現がされています。経済問題に日頃から関心がある方や、最近のビジネス書を読んでいる方であれば、話の背景がすぐにわかると思います。

本書はブラックユーモアに満ちていますが、それは人が金融や経済についてあまり知らないことに由来します。本書では寓話風に書かれていますが、本書に書かれていることと本質的に同じことは日常的にあらゆるところで起こっており、このような寓話の形にしないと物語になりにくいのでしょう。

本書の設定は時代的にも地域的にもかなり限定されているので、本当にグリム童話のように後世には残りにくいかもしれませんが、逆に考えると素材に旬がふんだんに取り入れられていると思います。

本書を読んで内容の背景がわかって納得がいくようであれば、ふだんから金融などについての問題意識があるということなので、それほど心配ないかもしれません。

偽善や無知は世の中に満ちているのですが、それらはあまりにもとけ込みすぎているのでわかりにくくなっています。そのようなときに本書のような形で表現されると、いったん日常の世界から離れて日常を客観視できるので理解しやすくなるという利点があります。

本書は人によっては読んでいてこころよく思えない方もいるかもしれませんが、もしもそのような部分があったらその部分はとくに念入りに理解しようとした方がよいかもしれません。

本書は理解していればいるほど面白く感じやすいので、面白く感じられないとその部分については十分に理解できていないということになるかもしれません。

人間は問題であると何となく感じつつも、自分がはっきりと理解できていないことを語られると、その原因がわからないからこそ不愉快になることがあります。

不愉快になることを、自分が不足している部分があることのサインであると意識できれば、本書を読んで心地よく感じられない部分があったとしても、その人にとって本書を読んだ意味は十分あったと思います。



investmentbooks at 23:55│Comments(0)TrackBack(3)clip!本--投資一般 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 皮肉さ全開!でも役立っちゃう -363 ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話  [ あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術 ]   2009年12月09日 23:56
むかし あって、これからもおこるはなし。 っという切り口で綴られる 童話(?)が収録されているのが今回の本 今回の本 ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話 マネー・ヘッタ・チャン [Amazonで詳しく見る] 本書の語り部となるのは 現在数...
2. 【書評】ヘッテルとフエーテル  [ ビジネス書で「知」のトレーニングを! ?? 知磨き倶楽部 ]   2009年12月11日 14:02
題名からピンと来る人がほとんどだと思うけれど、副題を示せばそこに回答が。 そう「本当に残酷なマネー版グリム童話」と付けられた本書は、グリム童話のようなテイストで、現代にうごめく様々な「騙し」の手口を描き、大人向けの童話に仕立て上げられている。 もともと...
3. [出版]ヘッテルとフエーテルと150の紹介ブログ  [ マネー・ヘッタ・チャン 物語るモノガタリ ]   2009年12月29日 16:08
こんにちは、昨日ブログの出だしがマンネリだねと言われ、心の潤いがヘッテル、マネー・ヘッタ・チャンです 本日のテーマはヘッタチャンの今年の一字である”謝”について 11月に拙書「ヘッテルとフエーテル」と出版してから、一ヶ月で6刷り、本当に多くの方々に紹介して

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ