2010年03月13日

この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク

『世界No.1投資家バフェットの謎 〜何がその成功をもたらしたのか?』4

庄司 卓矢著  2010年4月5日発行  1659円(税込)

世界No.1投資家バフェットの謎 ~何がその成功をもたらしたのか?世界No.1投資家バフェットの謎 ~何がその成功をもたらしたのか?
著者:庄司 卓矢
販売元:技術評論社
発売日:2010-03-12
クチコミを見る

書店の株式投資コーナーに新刊が少ない時期が続きましたが、少しずつ新しい本が出つつあるようです。バフェットは株式投資をする人々の間では有名でしたが、今回の金融危機で一般的にもより知られる存在になりました。

本書は翻訳物ではなく、日本人の著者によるバフェット本です。著者は公認会計士をなさっているので、少しですが会計的な話も出てきます。本書の目次は以下の通りです。



  1. 株式投資と時間の秘密
  2. 成功を支える15の原則
  3. 最良の決定を下すために
  4. 会計の本質を見抜く
  5. 知られざる錬金術
  6. テロとインフレの脅威を越えて
  7. バフェット最大の力とは

本書はところどころにバフェットの言葉を引用しつつ、著者の解説と投資や会計についての説明を付け加える形式になっています。コラムなども充実しており、全体的に読みやすく書かれていると思います。

本書からもわかるように、バフェットの投資についての考え方や投資哲学は明瞭であり、少なくとも言葉の上では難しさはありません。

しかしながら多くの人はバフェットと同じようには投資をできません。それにはいろいろな理由が考えられ、本書にもそのヒントは述べられています。

同じように考えることは難しくないのに、なぜ同じようにできないか?その最大の理由は、誰もバフェットほど株式投資のことを一日中考えられないからです。

お金を増やすことが好きな人は多いと思いますが、企業の財務についてずっと考えることが好きな人はほとんどいないと思います。職業上ずっと考えている人がいるとしても、バフェットほど楽しんではいないはずです。有価証券報告書を読むことを「趣味」にできる人はあまりいないでしょう。

また普通の人はさまざまは「雑念」があります。「雑念」といっても多くの「雑念」は日常生活において一般的に必要とされるものです。バフェットには普通の人にある「雑念」があまり存在しないようです。

バフェットと同じような投資をするためには、たんにその考え方や投資哲学を理解するだけでなく、日常生活すべてにわたって投資で満たした生活をする必要があります。そのように考えると、やはりほとんどの人はバフェットにはなれません。

しかしながら、ずっと好きなことを中心に日々過ごすことをバフェット的な人生と考えると、バフェットと同じようになることはそれほど不可能ではないかもしれません。

バフェットの場合はそれがたまたま株式投資だったのでしょう。そのように考えると、本書から学ぶべきは株式投資についての考え方というよりも、好きなことを仕事にして過ごすことの重要性なのかもしれません。



investmentbooks at 23:24│Comments(0)TrackBack(0)clip!本--株式投資 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
bestbook
家業再生のためしばらく書評ブログを休止していましたが、一段落したのでブログ再開します。以前は1日1冊のペースでしたが、今回の更新は不定期です。書評は以前と同じようにビジネス、投資、経済本が中心となりますが、これからはそれ以外の本の紹介に加えて、3年間集中して行った家業再生、その他アイデアだけは溜めていた多くのことを気ままに書き綴る予定です。
このブログについて
2006年に開始し2010年7月にいったん休止。2013年7月より再開しました。
以前は1日1冊のペースで書評していましたが、再開後は不定期更新で、書評以外についても書きます。
ブックマークに登録
このブログをソーシャルブックマークに登録
このブログのはてなブックマーク数
アマゾン検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ